債務整理Q&A

はじめから債務整理をするつもりで、借金をしたらどうなる?

債務整理について分かってくると頭をよぎる人もいるんじゃないでしょうか「はじめから債務整理をするつもりで、借金をしたらどうなるんだろ...?」と。


返すつもりがないなら、限度額ギリギリお金を借りて、かなり自由に好き勝手お金を使っちゃえます。自己破産なら、借金もチャラです。


悪いやつなら、実際に実行しそうなものですが、実は、これは明らかな犯罪です。詐欺罪と呼ばれるものです。刑事告訴される可能性もあります。


借金返済をしなくても詐欺にはなりませんが、(それだと債務整理に頼らなければならない人は、みんな捕まってしまいます)はじめから返す意志がなくて、お金をかりれば、それは、詐欺、罪になります。


最初は、返すつもりがあったのに、何らかの事情で返済ができなくなったのは、セーフ。返すつもりがなければアウト。返すつもりがなくても、返すつもりがあったと言いはれば?このへんは、本人しだいな部分もあり、実際立証するのは、むずかしいものだったりします。ただ、犯罪は、犯罪、捕まらなければやってもいいというものではありません。


また、借金を一度も返済してないという事実があるとお金を返す意志がないと裁判所が判断し、債務整理が上手くいかない可能性もあります。


自己破産の場合、免責に異議が出され、免責不許可。民事再生の場合、再生計画案に不同意が出て、再生計画不認可となってしまったりします。


借金はそのままです。返しつづけなければなりません。借金がなくなると思って借りたのに、そのまま、もう逃げ道、救いの道はありません。自業自得ですが、いいとこなしです。


刑事告訴される可能性もあります。くれぐれも変なことは考えないようにというとこですね。


関連して、参考になりそうな解説を見つけましたので、以下、ご紹介しておきますね。


FXや株で借金を作っても免責が得られる場合がある?



FXや株の信用取引などで借金を作ってしまって自己破産の相談にいらっしゃる方がいます。インターネット上などではFXや株取引などでは破産出来ないという記載をよく見かけます。そのため自殺しかないなどと書かれているケースもあります。ただ、そういう訳ではありません。実際には自己破産出来るケースもあります。FXと株取引は何が問題かというと破産の法律上免責不許可事由に当てはまる可能性があるということです。


免責というのは何かというと破産をした後に責任を免らせる借金を払わなくても良い、払う責任を免らせるという決定です。この決定を取るために皆さん自己破産の申し立てをしています。法律上はその免責が得られない、免責不許可事由、免責を許可しない事由というのが定められていて、浪費とかギャンブル合わせて射幸行為にも含まれています。射幸行為というと破産法のコンメンタールでは射幸行為とは投機を目的とする証券取引、商品取引などをいうものであるなどと定義されています。


なので投機目的のFXであるとか株の信用取引、後は先物取引とかはこの射幸行為に当てはまることになります。これがあると不許可になってしまうのか、というとそうではなくて、要件としては射幸行為によって著しく減少させるとか、過大な債務を負担するということで財産が凄く減った、たくさん借金をしたというようなケースではじめて免責不許可事由に当てはまってしまうという問題が発生します。


少ない金額の場合にはそもそもこの問題が発生しない事になります。何十万単位の損害であるとかそういったもので借金の一部がFXとか株取引なんですという場合にはそもそもここに当てはまらないと主張をして行く事になります。仮にこの免責不許可事由に当てはまってしまうぐらいの金額を負ってしまったという場合にはそれだけで不許可になるかというとそうではなくて不許可事由があっても破産法上裁量免責というものがあります。


裁量免責というのは裁判官の裁量によって免責を許可するかどうかを決めて良いということです。裁判官の裁量で許可をしてくれるケースもあります。これを得るためには何をすればいいのかというと全体の借金の金額がどれぐらいなのか、FXとか株取引でつくった借金の金額がどれぐらいなのかも影響しますけどそれがいつごろのことなのかあとはその後の生活がどのようなものだったのか、今の現状の生活がどのようなものなのかとか家族構成とか、生活を再建させる必要性はどれぐらいあるのかなど諸事情によって裁量が得られるかどうかが変わってきます。


なので裁判官の裁量になるべくプラスの材料を選択して破産の申し立てをしていくことが大事になります。その点で株やFXの取引がある自己破産に関しては専門家に一度相談されたほうがよろしいかと思います。仮にこの裁量免責が全く得られないとか破産の申し立てをしてみたけれど不許可になってしまった、免責不許可になってしまったというケースであってもそれだけでもう生活が立ちなおせないかというと必ずしもそうではありません。


他の手続き、例えば個人再生手続きのなかには給与取得者等再生手続きのように再建者が反対をしても通る手続きもあったりしますのでFXとか株の借金などで何も解決が出来ないと諦めるよりは1回専門家に相談されたほうがよろしいかと思います。間違っても安易に変な事をしないようにしてください。


関連ページ

債務整理の後、住宅ローン・カーローンは組める?
債務整理をしたいけど、土地・家・車を残す事はできる?
実際どんな消費者金融や信販会社から過払い金がとれている?






債務整理を分かりやすく解説!

 

『弁護士』『法律事務所』関連をやさしく解説!

 

キャシング返済できなくなった時の対処方法

 

債務整理Q&A

 

借金返済で困った時に役立つ知識

 

過払い金返還について

 

面白雑学!人に話したくなる借金関連裏話