債務整理Q&A

債務整理の後、住宅ローン・カーローンは組める?

債務整理をしたからといって、人生が終わったわけではありません。まだまだ続きます。


借金がなくなり、生活も落ち着いてきたら、家や車が欲しいという要求が出てくるでしょう。といっても一括で買うほどお金も溜まっていないはず、住宅ローン、カーローンを組むことになりますが、債務整理をした人は、それは、可能なんでしょうか。


可能です。ただ、一定の期間が過ぎた後になります。


任意整理の場合、5年程度。
自己破産の場合、5年から7年程度。
民事再生の場合、5年から10年間程度、
ローンに制限がかかっています。


信用情報機関にその事実が登録されているので、どのローン会社でも同じです。借金ももちろん制限がかかっています。


まぁこうゆう制限がないと、債務整理と借金を繰り返すような輩が出てきちゃうので仕方がないでしょう。期間は、短いような気がします。1度借金で失敗している身でも、10年もたたない内に、またお金が借りられる。結構、甘い方ではないでしょうか。こっちにとってはありがたいことです。


ただ、2度目の失敗は、ゆるされない部分もあります。ご利用は計画的にではありませんが、次の借金、ローンは、人一倍考える事が必要です。別に、家や車がなくても生きてはいけます。自分の人生で本当に必要なものでしょうか。


住宅ローン、カーローンが再び重い負担になって、生活を圧迫していくようでは、同じことを繰り返してしまうかもしれません。3度目の正直なんていいますが、2度目の正直でいきたいところです。


自己破産をしても住宅ローンは借りられるんです!3つの大切なポイントを抑えておこう


みんなの住宅ローン相談センターというところの方が解説してくれている動画を見つけましたので、こちらも参考にしてみてください。



自己破産をされた方から実は自己破産をしたんだけれども、このままずっと住宅ローンが借りられないんじゃないかと、そういった不安の声を聞く事があります。確かに自己破産をされるとある一定期間は住宅ローンが借りられないという事実はあります。また、実際に自己破産された方がずっと住宅ローンを借りられないという状況になっているという方もいらっしゃいます。


でも、これ対策があるんです。きちんと対策を打つことで自己破産をした方でもちゃんと住宅ローンが借りられる、こういった可能性があります。ですので今日は自己破産をした方でも住宅ローンが借りられる、その可能性が高まるポイント、これについてお伝えしたいと思います。


ポイントは3つあります。一つ目は個人信用情報機関について。そして二つ目、これはどこの金融機関の借り入れを免除してもらったのか、ということですね。そして三つ目、これは自己資金ですね、これの確保をしっかりするということです。


まず一つ目、個人信用情報の登録期間という事ですが、自己破産をするとその情報は個人信用情報機関というところに登録されます。その期間は10年間、借り入れを免除してもらったときから10年間です。ですから10年経たないうちに色んな金融機関に住宅ローンを申し込んでもまず通らないということがありますので、その期間はじっと待って頂きたいとおもいます。


そして二つ目、どこの金融機関の借り入れを免除してもらったか、ということなんですね。先ほど個人信用情報は10年間登録機関がありますというお話をしました。でも自分が実際借り入れを免除してもらった金融機関では10年を超えてその履歴を保存している場合があるんですね。ということは10年経ったぞといって住宅ローンを申込に行ったと、でもその金融機関が以前借り入れを免除してもらった金融機関であったりすると、そこでは過去の履歴を見ますから審査に通らないと、そういった結果に繋がってしまうんですね。ですから、どこの金融機関の借り入れを免除されたのか、これをきちんと把握しておくことが必要になります。


そして三つ目、自己資金の確保です。これは自己破産の方に限らず、自己資金が多ければ多いほど住宅ローンの審査に通る可能性が高いという結果が今までの事例を見ても出ているんですね。ですから是非自己資金をしっかり確保していただきたいという風に思います。


ここで事例を一つ挙げてみたいと思います。37歳の個人事業主の方です。この方、7年前に自己破産をしてしまったということだったんですね。ですが住宅ローンを借りたいんです。そこで色々ご自身でインターネットなどで調べたそうです。そこには自己破産をするとずっと住宅ローンが借りられないよとか、そういった情報が載っていたので非常に不安になって、それでみんなの住宅ローン相談センターにご相談にみえたんですね。そこで今現在もサポートさせていただいておりますが、まずこの方個人事業主です。あと三年でこの自己破産の登録はきえます。なのでこの3年の間にきちっとご自身の事業を安定させてちゃんと住宅ローンが借りられるように申告もきちんと、この3年の間にしましょうね、ということでサポートさせていただいてます。


それと先ほども出ました、自己資金ですね。残り3年間ありますからその3年の間、ちゃんと自己資金を貯める、ということで毎月キチンと住宅ローンを借りるための資金を貯めてもらっています。そして3年後には住宅ローンを申し込みたいと思っていますが、そのときには自己破産をした時にいったいどこの金融機関の借り入れを免除してもらったのか、ここをきちんと把握してそれ以外の金融機関、そこに申込をするという風にしていく、そんな計画でいます。


今日のお話をまとめてみたいと思います。自己破産した方が住宅ローンを借り入れる可能性が高まる3つのポイントありましたね。一つ目が個人信用情報の登録機関。これ10年間ありますからこの間はどの金融機関も住宅ローン審査通りませんのでこの期間は待ってください。そして二つ目、自己破産をしたときにどの金融機関の借り入れを免除してもらったか、この金融機関をしっかりと把握しておいてください。住宅ローンを申し込む際にはその金融機関以外の金融機関に申し込むようにしましょう。そして三つ目が自己資金の確保でしたね。自己資金が少しでも多い方が住宅ローンに通る可能性が高まりますので是非この三つ、これを意識して過ごしていただきたいと思います。


関連ページ

債務整理をしたいけど、土地・家・車を残す事はできる?
はじめから債務整理をするつもりで、借金をしたらどうなる?
税金、年金、家賃、電気、ガス、携帯電話代...債務整理の対象はどこまで?
実際どんな消費者金融や信販会社から過払い金がとれている?
中学生が借金3000万円を完済?!その方法とは?






債務整理を分かりやすく解説!

 

『弁護士』『法律事務所』関連をやさしく解説!

 

キャシング返済できなくなった時の対処方法

 

債務整理Q&A

 

借金返済で困った時に役立つ知識

 

過払い金返還について

 

面白雑学!人に話したくなる借金関連裏話