債務整理Q&A

債務整理をしたいけど、土地・家・車を残す事はできる?

借金の額を減らすために、ある程度の財産、金目のものを処分するのは、仕方ありません。しかし、土地や家、車は、なんとか手元に残しておきたいものです。土地、家、車を残したまま、借金を減額してもらうなんて、虫のいい話ですが、それは可能なんでしょうか。


土地や家など不動産の場合、債務整理の民事再生ではそれが可能です。住宅ローンがある場合、それは減額されず、きっちり残りますが、家を残すことができます。


不動産を残したい場合は、民事再生です。任意整理払える額まで、借金が減額されていれば、それでも大丈夫です。ただ、自己破産だけはダメです。借金は、すべてなくなりますが、土地や家もなくなってしまします。


車の場合はどうでしょう。民事再生で、残せる場合と残せない場合があります。


ローンの支払いが終わっている場合、その車は残せます。ローンが残っている場合、所有権留保といって、自動車の所有権がローン会社に留保されているので、ローン会社へ引き上げられてしまいます。あと少しで、ローンの支払いが終わるなら、その後、民事再生した方がいいかもしれません。


ただ、車が残せる場合もその価値が高い場合、清算価値保証原則といって、返済額が上がることになります。まぁ、大切な財産を残してもらっている以上、それは仕方ないでしょう。


本当なら、お金になるものはすべて売って、借金を返した上で、借金を減額してもらうのが筋。それが、家も土地も、車まで残すことができるというのは、とてもありがたいことです。


よくゼロからのスタートといいますが、実際、自己破産でゼロになってしまうのは、辛いものがあります。民事再生、個人再生であれば、今まで通りの生活で、スタートができるので、借金で悩んでいる方も、ぜひ弁護士事務所などに相談してみてください。


関連ページ

債務整理の後、住宅ローン・カーローンは組める?
はじめから債務整理をするつもりで、借金をしたらどうなる?
税金、年金、家賃、電気、ガス、携帯電話代...債務整理の対象はどこまで?






債務整理を分かりやすく解説!

 

『弁護士』『法律事務所』関連をやさしく解説!

 

キャシング返済できなくなった時の対処方法

 

債務整理Q&A

 

借金返済で困った時に役立つ知識

 

過払い金返還について

 

面白雑学!人に話したくなる借金関連裏話