過払い金返還について

過払い金請求は自分でもできますか?

過払い金返還請求の流れは概ね以下のようになっています。


1.金融業者へ取引履歴の開示請求をする
2.取引履歴をもとに適正な利率に基づいた利息の再計算を行う
3.再計算の結果、過払い金が発生したら、金融業者に対し返還請求を行う
4.金融業者から和解金の提示がなされ、金額についての交渉を行う
5.返還金額について合意ができれば、合意書を取り交わし、過払い金を受取る
6.金額について合意ができなければ、訴訟を提起する


過払い金請求を個人で行う場合、2.の利息の再計算と4.の金融業者との交渉は、自分でするには困難なところがあります。複数の業者との取引がある場合などは特に大変な作業となることが考えられます。


また、再計算ができたとしても業者が満額を返還することはありえないといっても言い過ぎではありません。必ず交渉をしなければならず、借りた本人が交渉の場につくというのは、借りた引け目のようなものがあり、うまくいかないことの方が多いようです。専門用語や専門的な知識もないので、業者にうまく言いくるめられることになりかねません。


自分で過払い金返還請求ができるのは、借りていた期間が短く、金融会社も1社だけなど、とてもシンプルなケースの場合なら可能かもしれません。


過払い金請求をするのに必要なもの


いざ実際に過払い金請求の行動を起こすことを決めたら、必要なものをそろえなければなりません。法律事務所などへ出向く際にはこれらがあると相談がスムーズに行えます。


1.身分証明書は運転免許証・健康保険証・パスポートなどのコピーを用意。


2.印鑑は委任する際に必要で、認印でいいです。


3.金融会社との契約書、申込書、利用明細、クレジットカードなど、あれば持参しましょう。無くても過払い金返還請求はできます。


過払い金に関する相談を弁護士に依頼する場合


「過払金返還請求」という言葉の響きが何となく難しそうで、しり込みしてしまいそうですが、簡単に言えば、「払い過ぎたお金を返してもらう手続き」ということです。


難しいのは、その手続きです。自分でこの作業を行う人もいますが、キャッシングや利息制限法、出資法などを熟知していることが必要です。また利息の引き直し計算はとても面倒で、複数のキャッシングをしている場合などは、さらに大変な作業を行わなければなりません。


また、それらができたとしても、請求額をすんなり支払う業者は少ないので、交渉をすることになります。業者側はその道のプロですから、色々な専門用語などを使ったり、借りた側の弱みなどを持ち出してきますから、結果は請求額を下回る金額になるケースが多いようです。


その点弁護士に依頼すれば、すべてを行ってくれますから、約20%程度の弁護士費用を支払ったとしても納得できる返金額が算出されると思われます。
また、交渉の際の精神的苦痛もストレスもありません。


最近は過払い金返還による、金融業者の弱体化が進んいて満額返還は難しくなっています。なので、専門家による返還請求のほうがリスクが少なく、メリットも大きいと考えられます。






債務整理を分かりやすく解説!

 

『弁護士』『法律事務所』関連をやさしく解説!

 

キャシング返済できなくなった時の対処方法

 

債務整理Q&A

 

借金返済で困った時に役立つ知識

 

過払い金返還について

 

面白雑学!人に話したくなる借金関連裏話