過払い金返還について

過払い金請求する権利に期限・時効はあるの?

消費者金融で融資を受けていたことがあって、過払い金請求をしていない方は、請求期間が過ぎてしまわない間に行うことが重要です。


返還請求はいつでもできるわけではありません。放っておくと権利が消滅してしまうので身に覚えがある人は、すぐ行動に移してください。


過払い金請求の権利の消滅時効の期間は、取引が終了した時点から10年とされています。ということは、返済が終わって10年が経過していたら、返還請求権が無くなってしまうということなのです。


しかし、自分の請求権が消滅しているかどうかわからないという方や、完済した後また借金したという場合。前の借金は10年経過しているが、次の借金はまだ10年経っていないというようなこともあります。


このように、過払い金請求の権利がまだあるのかどうかなどが自分では判断がつかない場合は、専門家になるべく早く相談することが重要です。


高い利息を取る業者


一般的な貸金業者の多くは、利息制限法という法律に規定された、年15?20%の利息より多い、29.2%もの利息を取っていることが多いとされています。よって今までに払いすぎた差額の利息を業者から返してもらうことができます。

法律で利息の上限を制限しているのに、なぜ貸金業者は高い利息を取り続けていたのでしょう。それは、違反していても罰則の対象になっていないからなのです。


でも、どんなに高金利でも許されるわけではありません。利息制限法とは別の「出資法」があって、上限金利が設けられています。


そして、利息制限法の上限金利と、出資法の上限金利との間が、いわゆる「グレーゾーン」と呼ばれ、貸金業者は罰則がないことをいいことに、このグレーゾーン間で金利の設定を行ってきたのです。


今はこのグレーゾーンがなくなり、このときに借金をしていた人がグレーゾーンの払い過ぎを取り戻す行動を起こしているというわけです。


過払い金かどうかを知る方法は?


実際に消費者金融会社から借金をしている方や、過去に借金をしたという方にとっては、過払い金について無関心ではいられませんね。


もし過払い金が発生しているなら取り戻したいと思っている方もいるのではないでしょうか。


金融会社がわざわざ、過払い金がありますよ、と教えてくれるはずがないので、自分で調べてみるか、弁護士や司法書士に依頼して調査してもらうしかありません。


自分で確認したい場合は、今までの借入の支払履歴が残っていれば、名古屋消費者信用問題研究会が作成した、「過払い金計算EXCELシート」を利用すると計算ができます。


しかし、取引履歴が手元に残っていないという方もおられます。過払い金が発生しているかどうかを確認するためには、初回取引開始時からのすべての借入と返済の履歴が必要です。


リボ払いなどで借りたり返したりを繰り返しているうちに、明細を無くしてしまうという人が多いのです。


そういった場合は、金融会社に取引履歴の開示請求を行うことで、取引履歴の入手ができます。請求は電話でもいいのですが、証拠を残すために文書で請求することがいいとされます。大地の会が作成した、「個人情報開示請求書」を使用されても良いでしょう。


以上のような事務的な作業は、慣れない方にはかなり大変です。調査の結果過払い金があることが判明したら、自分で返還請求することもできますが、多くの場合訴訟に発展します。できたら専門家に相談してみることをお勧めします。






債務整理を分かりやすく解説!

 

『弁護士』『法律事務所』関連をやさしく解説!

 

キャシング返済できなくなった時の対処方法

 

債務整理Q&A

 

借金返済で困った時に役立つ知識

 

過払い金返還について

 

面白雑学!人に話したくなる借金関連裏話