債務整理を分かりやすく解説!

【消滅時効】借金にも時効が?借金がなくなることも?!期間はどのくらい?

時効...
どんな凶悪な事件を起こした犯人も、ある期間逃げ切れば、捕まらなくてすむというのは、おかしな制度だなと思っていましたが、何年か前に、「死刑に当たるもの」に限り撤廃されました。


実は、この時効、借金にもあったんです。「消滅時効」というもので、最後の返済からある程度の期間が経てば、借金そのものが無くなってしまうという制度です。


「時効の援用」といって、時効がきたことを主張すれば、借金が無くなります。もちろんまだ撤廃されていない制度です。いろいろと条件がありますが、上手くいけば借金がチャラです。自分の場合は、あてはまるのか、みてみましょう。


時効の期間


消滅時効期間は、5年と10年に分かれています。貸主か借主のどちらかが、商人の場合5年で、両方とも商人ではない場合10年になります。


貸金業者が会社なら5年、個人なら10年ということです。


ただ注意したいのは、銀行と信用金庫。銀行は、時効期間が5年のところ、信用金庫だと10年です。こちらからすると、銀行と信用金庫にあまり違いがないような気がします。


これは、ある裁判で、最高裁が、「銀行は会社で、信用金庫は、会社ではない(営利目的の業務ではない)」という判断をくだしたためです。


時効の中断


5年でいいなら、もううちは5年以上すぎているけど、チャラしてもらえるの?なんて人も多いでしょう。ただ、時間が経過しただけではだめです。時効の中断というものがあります。


主債務者や保証人に対して、請求がきたら、時効は中断、時効期間が元に戻ってしまいます。また、主債務者が債務を承認してしまっても、時効は中断してしまいます。


裁判上の請求で、時効期間が伸びるということもあります。消費者金融が5年間、完全にほっといてくれてないとダメなわけです。


そう都合よく行く場合は、稀でしょうが、額が少ない場合、当てはまる人も、いるんじゃないでしょうか。一度法律事務所、司法書士事務所などに相談されてみた方がいいと思います。そこで詳しくきいてみてください。


最後に、消滅時効が適用されそうな人が、覚えておいた方がいい点。たとえ消滅時効の期間が過ぎた後でも、千円でもお金を払ってしまったら、時効の援用ができなくなることがあります。それを知った上で、少しでもお金を払わそうとしてくる業者もあるようです。


関連ページ

【任意整理】裁判所を通さず手続きが簡単!任意整理のメリットとデメリット
【民事再生(個人再生)】借金が5分の1に!民事再生のメリットとデメリット
【自己破産】えぇっ?!これだけ?メリットは多いのに少ないデメリット
【特定調停】要熟考の選択肢 デメリットも多めの民事調停
こんなにも借金の残高が減るの?!債務整理実例紹介






債務整理を分かりやすく解説!

 

『弁護士』『法律事務所』関連をやさしく解説!

 

キャシング返済できなくなった時の対処方法

 

債務整理Q&A

 

借金返済で困った時に役立つ知識

 

過払い金返還について

 

面白雑学!人に話したくなる借金関連裏話