債務整理を分かりやすく解説!

【民事再生(個人再生)】借金が5分の1に!民事再生のメリットとデメリット

民事再生...民事再生法...ニュースなどでよくきく言葉です。倒産しかけた企業などに適用されるものだと考えている人も多いでしょうが、個人再生といって個人にも適用されるものです。


民事再生(個人再生)とは、借金総額(住宅ローンを除く)が5000万円以下であることが前提で、借金を減額して、原則3年間でしていくというものです。そのメリットとデメリットがみてみましょう。


【メリット】


●借金が5分の1程度に減額される。
はるか遠くのゴールが、目の届く所にきた感じです。5分の1なら何とかなるという人も多いでしょう。


●財産が処分されない。
自己破産の場合、高価な財産、土地も住宅も処分されてしまいますが、残すことができます。これは大きいでしょう。


●ギャンブル、浪費が原因の借金でも利用できる
個人再生の場合は、自己破産と違い、借金の原因を問題にされることは、ありません。


●資格の制限がない
自己破産だと、手続きをしている間、一部仕事をするのに制限がありますが、それもありません。


【デメリット】


●住宅ローンは、減額されません。
全額残ります。財産を残している分、仕方ないでしょう。住宅ローンが無くなって、住宅が残るなら得しすぎですからね。


●信用情報機関に登録される
ブラックリストに載るということですね。5年から10年くらいは、借金もローンにも制限がかけられます。これも借金を減らしてもらってる分仕方ないですね。


●官報に掲載される
官報というものに載ってしまいますが、ここから周りの人にばれるということは、まずないでしょう。そもそもどれくりの人が官報を知っているのでしょう。普通に生活していれば、縁のない代物です。


メリットのことを考えると、それほど重圧になるほどのデメリットでもないでしょう。マイホームだけは手放したくないもの。この個人再生で救われる人も多いはずです。


最後にもう一つ情報。


個人再生には、小規模個人再生と給与所得者等再生というものがあります。小規模個人再生の方は、お金をかしている側(消費者金融など貸金業者)の半分の同意が必要で、給与所得者等再生は、同意は不要です。


じゃあ給与所得者等再生で...と考えてしまいますが、小規模個人再生よりも返済額が多くなる場合がありますし、ある条件があります。2年分の所得額が、返済額を下回らないという条件です。ある程度の収入が確定していないとダメなわけですね。


関連ページ

【任意整理】裁判所を通さず手続きが簡単!任意整理のメリットとデメリット
【自己破産】えぇっ?!これだけ?メリットは多いのに少ないデメリット
【特定調停】要熟考の選択肢 デメリットも多めの民事調停
【消滅時効】借金にも時効が?借金がなくなることも?!期間はどのくらい?
こんなにも借金の残高が減るの?!債務整理実例紹介






債務整理を分かりやすく解説!

 

『弁護士』『法律事務所』関連をやさしく解説!

 

キャシング返済できなくなった時の対処方法

 

債務整理Q&A

 

借金返済で困った時に役立つ知識

 

過払い金返還について

 

面白雑学!人に話したくなる借金関連裏話