『弁護士』『法律事務所』関連をやさしく解説!

債務整理は弁護士と司法書士どっちに頼んでも変わらない? 

債務整理を依頼するのは、弁護士か司法書士。弁護士、司法書士といわれても、シロートには、よく違いが分かりません。特に司法書士の方は、何をやっている人なのか分かっていない人も多いでしょう。結果が同じならこちらは、どっちに頼んでもいいわけです。違いはないんでしょうか。


実は、弁護士か司法書士では、大きく違います。司法書士の場合は、いろいろと制約があるんです。その制約をみてみましょう。


任意整理、過払い金の場合。


司法書士に交渉権が認められているのは、借金の総額が140万円以下の任意整理、140万円以下の過払い金の回収。140万円を超えると、交渉権、訴訟代理権がありません。


実際、180万円の過払い金が発生したのに、司法書士に頼んでいたために、140万円で和解しなければならなかったこともあるようで、そうなっては、大損ですね。


自己破産、民事再生の場合。


司法書士には訴訟代理権というものがありません。書類の作成はしてもらえますが、地方裁判所への申立は自分で行うことになります。弁護士が代理人をつとめる場合に比べ、面倒な対応を要求されたり、時間がかかったりします。全部お任せの弁護士の方が、楽だし、安心ですね。


全体の割合でみても、司法書士に依頼して、本人が自己破産を申立てる人は、ほとんどいないようです。


こうやってみてみると、基本、債務整理をお願いするのは、弁護士と考えておいた方がよさそうですね。


借金が少ない場合、総額が140万円以下の場合は、司法書士にお願いしてもいいでしょう。弁護士と司法書士比べた場合、司法書士さんの方が費用が安くすむ傾向があるので、その方がお得かもしれません。


ただ、弁護士、法律事務所によっては、あまり値段が変わらないこともあるので、140万円以下の借金の方も、弁護士という選択肢は、はずさなくてもいいでしょう。まずは、相談してもて、そこで、いくらぐらいかかるかなど、詳しく聞いて、弁護士か司法書士に決めればいいと思います。


関連ページ

債務整理は法律事務所ならどこの事務所に頼んでも結果は同じ?
着手金に報酬金│弁護士費用の相場はいくらくらい?
債務整理と裁判所 地方裁判所と簡易裁判所はどこにある?






債務整理を分かりやすく解説!

 

『弁護士』『法律事務所』関連をやさしく解説!

 

キャシング返済できなくなった時の対処方法

 

債務整理Q&A

 

借金返済で困った時に役立つ知識

 

過払い金返還について

 

面白雑学!人に話したくなる借金関連裏話