借金返済で困った時に役立つ知識

クレジットカードの現金化は合法?違法?自己破産ができなくなることも!

借金で困っている人は、とにかくお金が欲しい、どんな方法でもお金が欲しいもの。「クレジットカードの現金化」なんて言葉を目にしたら、怪しいと思いつつ、手を出してみたくなるもの。大丈夫なんでしょうか?


クレジットカードの現金化には、何か商品を買って、買い取ってもらう、「買い取り方式」まったく価値のないものを買って、キャッシュバックをももらう「キャッシュバック方式」がありますが、どちらもグレーな匂いがします。


グレーゾーンだけど違法じゃないんでしょ?と思っちゃいますが、実は、すでにクレジットカード現金化業者の逮捕者は、出ているんです。理由は、出資法違反。


クレジットカードを現金化した場合、業者に手数料で支払う分のお金に、クレジットカード会社への金利をプラスすると、出資法の上限金利を超えているからです。


「クレジットカードの現金化」なんていって、ハードルが下げていますが、実際は、めちゃくちゃ高金利のお金を貸していると同じことなんですね。借りる方にとっても、ぜんせんお得じゃありません。


法律に関してゆうと、業者側の問題ではありません。利用する側も、横領罪、詐欺罪に該当する可能性があるんです。まだ逮捕者は出ていないようですが、できるだけ危ない橋は渡りたくないところです。


また、カード利用規約違反で、会員資格の停止になることもあります。あてにしていたカードが使えなくなると、困る人も多いでしょう。


さらに悪徳業者の場合、(この行為をやっていること自体悪徳な気もしますが...)キャセルできない、入金されないなんて場合もあります。お金がもらえず、借金だけ増えるなんてことになったら、目も当てられません。


クレジットカード現金化には、さらに大きなデメリットもあります。借金で困っている人の最期の砦。「自己破産」これができなくなることがあるんです。


自己破産には、免責不許可事由というものがあり、ギャンブル、浪費などが理由の借金は、免責が認められないことになっています。クレジットカードの現金化も免責不許可事由に該当しちゃうんです。破産法252条1項2号にしっかりとかかれています。


ギリギリまできたら、自己破産すればいいと考えている人もクレジットカードの現金化に手を出しちゃったらすべてがパアです。


もうクレジットカードを現金化するぐらいしか、お金をつくる方法が無くなったら、末期。現実的に借金を返済していくのは、無理な状態なんじゃないでしょうか。法律事務所などに相談しましょう。自己破産以外にも、個人再生、任意整理といった方法もあります。クレジットカードの現金化は、しょせん一時しのぎ。さらに借金を増やす前に、弁護士さんにお任せすることをオススメします。


関連ページ

ブラックリストとは?借金に無縁の人もブラックリストに載る可能性が?!
「法律上支払義務の無い者」とは、どんな人?
こんな取り立ては、違法!禁止事項を要チェック!
銀行とノンバンクのカードローンの違いとは?総量規制って?
受け継がれる負債...借金の相続!回避する方法はない?






債務整理を分かりやすく解説!

 

『弁護士』『法律事務所』関連をやさしく解説!

 

キャシング返済できなくなった時の対処方法

 

債務整理Q&A

 

借金返済で困った時に役立つ知識

 

過払い金返還について

 

面白雑学!人に話したくなる借金関連裏話